ホップとは

About Hop

ホップの特徴

 
IMG_0334.jpg

ビールの主原料のひとつとして使用され、毬花(きゅうか)という独特の実を結実させます。毬花を割くと出てくる「ルプリン」という黄色い球体が、ビールの原料として苦味、香り、泡に重要であり、また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがあります。

_DSC6624.jpg

ツルが6mにもなるのでグリーンカーテンにも最適です。

また宿根草なので、一度植えれば毎年グリーンカーテンを作る事が出来ます。

採れたての毬花はグレープフルーツの様なとてもフレッシュな香りがあります。市販されているビールに入れて、香りや苦味をアップさせ、ビールをより楽しむ事も出来ます。

 

How to Growing Hops

ホップの育て方

栽培スケジュール

ホップは北海道でも屋外で越冬する強健な宿根草です。毎年根が充実することで、出てくる枝が増えていき、枝葉も大きく伸びるようになり、毬花を多く結実するようになります。また植えつけたら数十年は毬花を収穫できると言われており、丈夫な植物です。

栽培手順

※ホップは西日を嫌う傾向にあるようです。

育てるポイント